BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨取引のウォレットアプリGinco(ギンコ)の特徴や使い方は?

徐々に実用性能を高めている仮想通貨。未だ全ての人々から理解されているわけではないですが、グローバルな視点を持つ若い世代を中心に仮想通貨への期待は着実に膨らんでいます。このGinco(ギンコ)は、仮想通貨の入金・出金をお手持ちのスマートフォン1つで簡単に行うことが出来るウォレットアプリです。

仮想通貨のウォレットアプリは、現在までに数多く開発されましたが、このGinco(ギンコ)は誕生してまだ数カ月という生まれたてのウォレットアプリでありながら、大手メディアから多大な注目を集めており、グローバル・ブレインが運営するファンドから総額1.5億円の資金調達を実現することに成功しています。成長著しい仮想通貨ベンチャーの中でも、特に注目度の高いGinco(ギンコ)について、ここでは解説したいと思います。

ウォレットアプリGinco(ギンコ)の概要

要注目のウォレットアプリである「Ginco(ギンコ)」は、2017年12月に設立された会社であるGincoが開発しています。社名をそのままアプリ名にした事からも分かるように、会社の看板と成りうるようなクオリティを目指して開発されたものです。

Gincoは「ブロックチェーン時代の新しい価値取引を実現する銀行を目指す」というコンセプトのもとに生み出されたアプリで、スマートフォンで仮想通貨を安全に管理することを実現できるデジタル銀行となっています。Ginco(ギンコ)はブロックチェーンテクノロジーに精通した開発者達の手によって、今後もバージョンアップされて行くことが発表されており、今はまだ入金・出金のみですが、やがてはポートフィリオ・両替・ICOなどへの対応も出来るようになって機能を順次拡大する予定となっています。

ウォレットアプリGinco(ギンコ)の特徴

発表と同時に大手メディアに取り上げられ、その後も大口の資金融資を成功させるなど、数ある仮想通貨ベンチャーの中でも期待値が非常に高いGinco(ギンコ)ですが、一体なにが投資家達の琴線に触れるのでしょうか?

Ginco(ギンコ)がその他のウォレットアプリと異なる点は?ここでは、そんな多くの人々からの期待を一身に集めるGinco(ギンコ)の特徴について、特徴を簡単に紹介してみたいと思います。

アクセス出来るのは自分のスマホだけ!

仮想通貨の取引をするうえで無くてはならない存在だった仮想通貨取引所から、大量の不正流出問題が発覚したのは記憶に新しいところです。そういった事件が発生したことにより、ますます世間からの仮想通貨への風当たりが強くなってしまいましたが、これは仮想通貨のセキュリティ能力に問題があるのではなく、仮想通貨の保管と管理を行う仮想通貨取引所のセキュリティ能力に問題があったためです。

Ginco(ギンコ)はそういった仮想通貨を管理するためのセキュリティに関して特に力を入れており、クライアント型のウォレットアプリとして開発されています。クライアント型は利用者同士で直接送金が出来るため、仮想通貨取引所という仲介役の第三者機関を必要としません。また、Ginco(ギンコ)には独自の暗号通信方式が採用されており、利用者のスマートフォン以外からのアクセスは出来ないようになっているのです。

対応通貨はイーサリアム(ETH)ベース!

仮想通貨と言えば、誰もが思い浮かべるビットコイン。ほとんどの仮想通貨ウォレットはビットコインに対応して開発されている場合が多く、そこから徐々に他の仮想通貨にも対応して行くスタイルとなっています。

しかし、このGinco(ギンコ)は仮想通貨の代名詞とも言えるビットコインではなく、イーサリアム(ETH)ベースの仮想通貨11種に対応したウォレットアプリとなっています。

イーサリアムと言えば、オープンソースのブロックチェーンプラットフォームとして、多くのICOのベースとなっている銘柄です。このイーサリアムベースの仮想通貨をメインとしているところに、Ginco(ギンコ)の先見性を見ることが出来ます。なお、現在はイーサリアムベースの仮想通貨のみですが、今後はビットコインにも対応して行くと発表されています。

Ginco(ギンコ)の対応している仮想通貨一覧。

  • Ethereum
  • EOS
  • TRON
  • OmiseGO
  • DigixDAO
  • Status network
  • Augur
  • Zilliqa
  • 0x
  • Kyber Network
  • Decetraland

ICOに参加出来るようになる!

日本とは比較にならないほど、世界では高い注目を集めているブロックチェーンテクノロジーは、言わずと知れた仮想通貨の根幹を為す新時代のデジタル技術です。このブロックチェーンというデジタル技術を応用して、世界ではさまざまなICOが誕生していますが、日本ではそれを知ることも参加することも難しいです。それというのも、ICOに対応している取引所などの数が少なく、参加するためには日本語未対応の取引所やアプリなどを介さなくてはならないためです。そういった現状を打破してくれるのが、このGinco(ギンコ)です。Ginco(ギンコ)の今後のロードマップによると、Ginco(ギンコ)を通じてICOへの参加が出来るように計画が組まれています。Ginco(ギンコ)をダウンロードしていれば、やがては自分が関心を持つICOに参加することが出来るようになるのです。

※Ginco(ギンコ)ダウンロードURL
https://itunes.apple.com/jp/app/ginco-%E4%BB%AE%E6%83%B3%E9%80%9A%E8%B2%A8%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88/id1348680429?mt=8

ウォレットアプリGinco(ギンコ)の使い方は?

Ginco(ギンコ)の使い方を紹介します。
Ginco(ギンコ)をダウンロードした後、「今すぐ始める」をクリックし、名前と暗証番号を入力して利用規約にチェックを入れれば登録完了です。ものの数分で終わってしまうシンプル設計です。

入出金の方法は、入金の場合は「受け取る」を選択し、出金の場合は「送金する」を選択してクリックすれば次の画面でアドレスが表示されます。

そのアドレスを利用している仮想通貨取引所などの入出金アドレス欄に入力して任意の金額を入力すればおしまいです。

Ginco(ギンコ)には超シンプルな日本語UIが搭載されていますので、表示されている画面さえ見ていれば、誰でも簡単に操作を行うことが出来ます。この使い勝手の良さが、Ginco(ギンコ)が高い注目を集める理由の1つとなっています。

Ginco(ギンコ)の料金は?

Ginco(ギンコ)は完全に無料で利用することが出来ます。有料版や追加料金といった特別サービスの配布は無いです。また、現在はiOS版のみの配布となっていますが、将来的にはAndroid版も配布される予定ですので、さらに多くのスマートフォンユーザーが利用出来るようになります。

ウォレットアプリGinco(ギンコ)の口コミや評判は?

「仮想通貨を利用する全ての人にGinco(ギンコ)を使ってほしい」という開発者の言葉通り、初心者から上級者までの全ての仮想通貨保有者が簡単に使いこなすことが出来るように設計されているGinco(ギンコ)ですが、実際に利用している人はどういった感想を持っているのでしょうか?ここでは、インターネット上にあるGinco(ギンコ)への評価や口コミをいくつか抜粋して紹介してみたいと思います。
「画面がシンプルで本当に使いやすい」
「戸惑う操作や難しい用語が無くて使いやすい」
利用者のほとんどは、やはりGinco(ギンコ)のシンプルで分かりやすい操作性を高く評価しているようです。

ウォレットアプリGinco(ギンコ)はおすすめのウォレットアプリ

「ブロックチェーン時代の新しい価値取引を実現する銀行」として開発されたウォレットアプリであるGinco(ギンコ)は、分かりやすい日本語で簡単に入出金の操作が出来るアプリとして、利用者のほぼ全てから絶賛されています。しかし、Ginco(ギンコ)は未だ完成形ではなく、今後も多くの機能が追加され、更なる発展を遂げて行くことが発表されています。イーサリアムベース以外の仮想通貨への対応やポートフィリオ、ICOへの参加といったことへの実現に向けた活動のほか、仮想通貨で決済処理が出来るデビットカード機能の搭載もロードマップに記載されていますので、トレーダー達のGinco(ギンコ)への期待は膨らむ一方となっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial