BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ローカルウォレットサービス「Copay(コペイ)」とは?設定方法や使い方を解説

仮想通貨における残高管理の方法は悩ましい問題です。
取引所に預けておけば気軽な感じがしますが、ハッキングリスクや取引所の倒産などのリスクを考えると、手放しで安心できるとは言えません。ではどのような方法で管理するのが好ましいのでしょうか?
そこで名前が挙がるのがウォレットの存在。今回は仮想通貨資産を自己管理する方法としてローカルウォレットのうちのひとつ、Copay(コペイ)について紹介します。

ローカルウォレットとは?

ローカルウォレットはクライアントウォレットと呼ばれることもあります。
自身のパソコンやスマホなどのデバイスに、インストールして使うタイプのウォレットですが、オフライン状態での管理もできるため、ハッキングリスクが少ないと言われています。

ユーザーが増えている?ローカルウォレット、Copayとは?

コペイは共有型のビットコインウォレットなどと称され、高度なセキュリティで守られたオープンソース型のHD‑マルチシグネチャウォレットです。
アカウント登録など面倒な手続きも不要で、一人で使うのはもちろん、複数のユーザーで同一ウォレットを管理する権限分散も可能。

複数で管理する場合には、参加者の一定人数が合意した場合にしか送金ができないという機能も存在しています。

Copay、基本的な特徴とメリット・デメリット

Copayのアプリを使うことで個別のウォレットを複数まとめて安全に管理することが可能です。
仕事用、プライベート用と仮想通貨を分けて管理している人もいるかもしれません。そのように複数のウォレットにまたがって保管された資産をまとめて管理できるのです。
階層的決定性 (HD) ウォレットをとなっているので、アプリ内でのウォレット生成やバックアップも簡単です。

アプリをダウンロードして使うため、オフライン時にパソコンやスマホが壊れて取り出せなくなったり、パソコンがウイルスに感染して情報や資産が流出したりというデメリットも、わずかながら抱えています。リスク管理の徹底が大切と言えるでしょう。

対応している仮想通貨は?

管理できる仮想通貨はビットコイン(Bitcoin/BTC)のみです。
換算レートの表示では150種類以上の通貨の表示に対応しています。また、ビットコインの単位の表示も BTC・bitsに対応するなど細やかな配慮がなされています。

設定はどうやるの?

Windows, Mac, Linux, Android, iPhone, Windows Phoneとメジャーなプラットフォームを網羅していますので、ご自身が使いたいものでAppStoarやGooglePlayなどにアクセスしてダウンロードしましょう。

日本語をはじめとした複数の言語に対応しているので設定も簡単です。
作成したウォレットごとに背景色設定を変えることや通称設定などのカスタマイズもでき、ペイメントの提案のメール通知なども可能です。

どうやって使うの?

個別ウォレットの集中管理をはじめ、ひとつのウォレットとしての利用もできます。送金の提案や承認・却下の流れも直感的にできるので、分散管理もスムーズ。
個人のためのウォレットとして使うだけでなく、家族や友人、サークル仲間との間でウォレットを共有するという使い方も可能です。

安全にビットコインを管理できる共有型ウォレット

Copayはローカルウォレットの一種で安全性が高く利便性も高いことから、人気を集めています。
個人的な分散管理の他、複数人での権限分散による管理もでき、家族間や友人間、サークルや団体などでの資金管理にも役立ちます。

Copay公式サイト:https://copay.io/ja/

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP