BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ローカルウォレットサービス「Electrum」とは?設定方法や使い方を解説

Electrum(エレクトラム)は、動作が軽快だと評判のビットコインウォレットです。
いったいどのような特徴があるのでしょうか。

ローカルウォレットとは?

ローカルウォレットは別名クライアントウォレットとも言います。仮想通貨取引所に自分の資産である仮想通貨を置きっぱなしにするのが怖いという人によく使われている、比較的ハードルの低いウォレットが、ローカルウォレットです。
堅固なセキュリティのウォレットと言えばハードウェアウォレットですが、利便性も捨てがたいという人がよく選んでいます。

自分のPCにインストールして、手元で仮想通貨を管理できるソフトウェアで、使い勝手良く入出金も簡単にできるため、メインのウォレットとして使うユーザーも多くいます。

Electrumの概要

エレクトラムは、ビットコイン用のデスクトップウォレットのうちの一つです。
トランザクション履歴をダウンロードしないタイプで、様々な機能を備えています。
ビットコインユーザーには長く利用されて来た実績があり、今も利用者が非常に多いウォレットです。

Electrumの特徴やメリット・デメリット

エレクトラムの特徴はとにかく軽いことで、PCだけでなくスマートフォンでも利用可能です。
デフォルトでブロックチェーンをダウンロードせず、サーバーには必要な情報だけをリクエストするようになっています。
オープンソースのフリーソフトなので、誰でもコードを確認できますし、さらにサードパーティーのプラグインもアドオンできます。

メリットは、秘密キーはサーバーに送らず、ファイルもパスワードで保護され、PCには残らない点です。
特定のサーバーに接続するのではないので、サーバーが利用者を知る必要もありません。
技術面はさておき、セキュリティや機能性が高い作りこみが嬉しい点でしょう。
初めて使う人でも簡単で、使い込んでいる人でも便利に使いこなせる幅の広さが魅力です。

インターネットから切断した状態で管理できるコールドストレージ機能もあります。
マルチシグネチャ機能も搭載していて、通常は1ウォレットにつき1つの秘密キーのところ、複数持つことが可能となっています。
デメリットはこれと言ってありませんが、中には使い勝手があまり良くないという声もあるようです。
このあたりはこれからもどんどん改良されていく部分でしょう。

また、ローカルウォレットである以上、最終的なセキュリティと仮想通貨の管理責任は自分にあります。そこは忘れてはいけません。
エレクトラムと偽った悪意のあるソフトウェアなども出回っているようですから、確実に信頼できるソフトウェアを入手しましょう。

Electrumの対応通貨は?

ビットコイン専用ウォレットなので、エレクトラムの対応通貨はビットコイン(Bitcoin/BTC)のみです。
ただ、オープンソースなのでたくさんのクローンがあり、そちらはビットコインゴールドやライトコイン(LTC)、ダッシュ(DASH)、モナコイン(MONA)、バージ(XVG)、KOTOなどに対応したものがあるようです。
ただし、厳密に言えばここで紹介するエレクトラムではないということを予め知っておきましょう。

Electrumの設定方法は?

公式サイトから、自分のOSに対応したファイルをダウンロードします。
実行ファイルを起動するとインストールウィザードが始まりますが、全て英語なので注意が必要。
「Auto connect」を選んでウォレット名を決めます。ここではウォレットの種類をスタンダードと二段階認証、マルチシグネチャ、ビットコインウォレットアドレス・秘密鍵のインポートから選ぶことができます。

次は新しくウォレットを作成する「Create a new seed」を選択しましょう。
途中、復元パスフレーズが表示されますので、これは必ずメモに記録して失くさないよう保管してください。
盗難に遭った際などに資産を復元するための重要なパスワードです。

パスワード設定画面でパスワードを設定すればウォレットの作成は完了。ここで日本語設定ができるようになるので、変更しておくと便利です。
一番上のLanguage(言語)からJapaneseを選択し、再起動すると日本語表記になります。

Electrumの使い方は?

ウォレット画面で上部メニューから請求タブを選択するとビットコインウォレットの入金アドレスとQRコードが表示されます。
このアドレスをコピーしてビットコインを送る側にペーストします。

出金の場合は送信タブを選び、送金先にビットコインウォレットのアドレスを入力して金額を入力します。
インターフェイスもわかりやすいので、それほど困ることはないでしょう。

Electrumは軽くてサクサク動くのが魅力のウォレット

エレクトラムの評価は、とにかく軽いということや、スマートフォンにも対応しているという点で非常に高くなっています。
その使い勝手の良さから他の通貨にもクローンが利用されていますが、基本的にはビットコイン用なのでそこは認識しておきましょう。

Electrumウォレット公式サイト:https://electrum.org/

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP