BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ローカルウォレットサービス「Bither」とは?設定方法や使い方を解説

仮想通貨の安全管理にはウォレットが必須だと言われています。安全への意識から少しずつ利用者が増えてきたウォレットサービスですが、まだ使っていない人にとっては、どれを使えばいいのか悩ましいもの。自分に合ったウォレットが知りたいという声は少なくありません。
そこで、今回は著名なウォレットサービス、Bitherについて、詳しく紹介します。この記事を読んで、自分に合うウォレット探しを進めてみてはいかがでしょうか?

ローカルウォレットとは?

クライアントウォレットとも言われるローカルウォレットは、PCなど自分の端末にアプリをインストールして使うタイプの仮想通貨ウォレットです。大きく分けると簡易型と完全型とがあり、仮想通貨登場当初はほとんどが完全型でした。
完全型はインストールするPCにもハイスペックを要求しますし、起動する度に膨大なデータ量のブロックチェーンをダウンロードするため、かかる時間が非常に長くなります。

そのため、すべてをダウンロードせずに、簡易的に一部の情報をやり取りできる簡易型のウォレットが生まれました。現在の主流はどちらかと言えばこちらです。

なぜわざわざ手間をかけてローカルウォレットを利用しなければならないのでしょうか?その理由はセキュリティ強化のために他なりません。
悪意のあるアクセスで取引所のウォレットが狙われたというニュースは、誰もが耳にしたことがあるでしょう。世界中のユーザーの資産が集まる取引所は、攻撃のターゲットになりやすい側面があります。
また、取引所のウォレット機能では、秘密鍵を自分で管理することができません。自分の資産が保管されている場所の鍵を、攻撃のターゲットになりやすい取引所に任せているのです。
この問題を解決するには自分だけのプライベートな場所で秘密鍵を管理できる環境が必要です。その場所こそがローカルウォレットなのです。

ローカルウォレット「Bither」の概要

Bither(Bither)はスマートフォンで仮想通貨を保管できるローカルウォレットです。マルチシグではありませんが、外部攻撃からのセキュリティもしっかりしています。ただし、日本語対応はしていないので、英語が苦手な人にとっては少しハードルが高いかもしれません。

Bitherの特徴とメリット・デメリット

Bitherはビットコイン対応のウォレットで、オフライン保管するコールドウォレット設定が可能です。コールドウォレットというのは、秘密鍵をオフラインで管理するタイプのウォレットのこと。一方で、インターネットに常時繋がっているウォレットのことをホットウォレットと呼んでいます。
ホットウォレットは、スピーディーな取引には適していますが、外部攻撃にも遭いやすくなるという特徴も。コールドウォレット設定ができるBitherは、セキュリティの面で優位性があります。

デメリットとしては、やはり日本語に対応していないことが大きいでしょう。
また、現在のセキュリティ対策のトレンドであるマルチシグにも対応していません

Bitherの対応通貨は?

Bitherはビットコイン専用ウォレットなので、対応通貨はBTCのみとなっています。

Bitherの設定方法は?

スマートフォンのアプリストアに行き、Bitherを検索して端末にインストールします。
アプリを開くとまず以下の注意文が表示されるので、内容を確認しましょう。

  • NEVER UNINSTALL Bither.(絶対にアンインストールしないでください)
  • NEVER CLEAR Bither’s data.(絶対にBitherのデータをクリアしないでください)
  • NEVER FORGET your password.(絶対にパスワードを忘れないでください)

問題がなければOKをタップしましょう。次の画面が表示されます。
チョークで描いたようなラフなデザインのTOPが表示されますが、まず登録しなければいけないので、左下の+ボタンをクリックします。

ウォレットは2種類存在するので好みの方を選びましょう。
ただしホットウォレットの他にコールドウォレットを作成するにはもう一台スマートフォンが必要となります。
コールドウォレット作成には、Bither Coldを選択してウォレットアドレスを作成してください。
また、HD Accountで作成されるアドレスが復元キーのアドレスになりますので忘れずにメモしておきましょう。

Bitherの使い方は?

作成したアドレスを選択するとアドレスとQRコードが表示されます。送金についてはそこからSENDを選択すれば送金可能です。手数料は右上の歯車で設定画面を開き、Transaction feeの5段階の中から送金方法を選択します。

Bitherは熟練者向けの英語ウォレット

Bitherは、アプリ自体はシンプルな操作ですし、送金や受取も分かりやすくなっています。チャートも見ることができますし、日常的に使うには便利でしょう。
ただ、コールドウォレット設定もできるとは言え、ホットウォレットとコールドウォレットの両方を1台のスマートフォンで管理できるわけではありません。全て英語ですし、アドレス作成時にも詳しい説明がないので、全くの初心者にはちょっとハードルが高いウォレットと言えるかもしれません。

Bither公式サイト:https://bither.net/

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP