BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ローカルウォレットサービス「breadwallet(BRD)」とは?設定方法や使い方を解説

目に見えず、形のない仮想通貨の世界でも、資産を安全に管理するためには財布が必要になります。その財布のことを仮想通貨の世界ではウォレットと呼んでおり、ウォレットにはいくつかの種類があります。ウォレットにはそれぞれに異なる特徴があるため、自分に合ったものを探すことが必要となるでしょう。
この記事では、みなさんにウォレットについて知ってもらうために個別のウォレットについて掘り下げていきます。
今回紹介するのは、数あるウォレットの中でもローカルウォレットに分類されるウォレット。breadwalletについて詳しく見ていきましょう。

breadwalletは安全性で選ばれているローカルウォレット

ローカルウォレットとはそもそもどんなものを指すのでしょうか。
ローカルウォレットは別名クライアント型ウォレットとも呼ばれていて、ご自身でパソコンやスマートフォンにインストールして使うタイプのウォレットになっています。

ローカルウォレットの特徴はオフラインでも管理することができる点。常にインターネットにつながっていなければならないということがないため、攻撃のターゲットとなるリスクも大きく減少します。安全性において評価の高いウォレットがローカルウォレットなのです。

シンプルで使いやすいローカルウォレット「breadwallet」とは?

breadwalletは安全でシンプルなウォレットで、仮想通貨初心者にも使いやすいのが魅力です。
秘密鍵をサーバーには保管せず、自身の端末でのみ保管するため、サーバーが攻撃されても情報が漏洩する心配がありません。大切な資産をご自身の管理下でコントロールできることが安心できる要素となっています。

breadwallet、基本性能や利用するメリットやデメリットについて

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末上にのみ秘密鍵を保管するので、セキュリティに優れています。
ビットコインへのアクセスに必要なものを全て、ご自身のモバイル端末上に安全に保存する仕組みです。
万が一、モバイル端末を紛失してしまったとしても、バックアップキーを入力することで、別の端末からでも復元が可能になっています。
また、インターフェイスが非常にシンプルで、余計な機能は付いていないため、初心者や投資より決済などの支払いに利用したいといった方にも分かりやすく使いやすいのもメリットと言えるかもしれません。

一方、シンプルすぎるので高度な機能を求めたい方には物足りない場合も。対応通貨数もそれほど多くないため、さまざまな通貨を管理したい人にとっては、機能不足と感じることもあるでしょう。

対応している通貨は?

ビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)に対応しています。主要通貨の中でも優先度の高いものだけ対応しているといった印象です。

設定方法もシンプル

ダウンロードして説明通りに進めばすぐに使用可能になります。
もしわからない点が生じても、アプリからのタップ1つでヘルプセンターへとつながるので心配ありません。

使い方も分かりやすく初心者も安心

保管することと送金、受取のシンプル機能しか付いていません。
画面下の「送金する」や「受取」をタップし、アドレスや金額などを指定するだけで、簡単に送金や受取が行えます。

breadwalletは便利なローカルウォレット

breadwalletはシンプル操作で使いこなすことができます。安全性が高く、ビットコインの保管と送金、受取といったシンプルな機能を求める方におすすめです。

breadwallet公式サイト:https://brd.com/

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP