BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ローカルウォレットサービス「Coinomi」とは?設定方法や使い方を解説

仮想通貨取引をされている方の中には、資産の保管を取引所に一任してしまっている方も少なくありません。
しかし、取引所での資産の保管はあまりおすすめできません。取引所がハッキングされて資金が流出してしまうなど、さまざまなリスクを抱えています。
いったいどうすればそういったリスクを回避できるのでしょうか?その答えはウォレットサービスの利用にあります。この記事では、注目のウォレットサービス、Coinomi(コイノミ)について詳しく紹介します。

まずはローカルウォレットについて知ろう

今回紹介するCoinomiはローカルウォレットサービスのひとつです。
ローカルウォレットはクライアントウォレットとも呼ばれる、安全性の高いウォレット。このタイプのウォレットはユーザーひとりひとりに資産管理のための認証コードが発行されます。

その認証コードのことを一般に秘密鍵と呼んでおり、これを自身で管理することが資産を安全管理するスタートラインです。ローカルウォレットでは秘密鍵をサーバー内で集中的に保管するのではなく、ユーザーのパソコンやスマホといったローカル環境でのみ管理しています。
秘密鍵を自分の手元で管理するので、サーバー攻撃やハッキング等によって仮想通貨が流出してしまうリスクが小さくなるのです。

Coinomiはどんなウォレットサービス?

Coinomiはモバイル端末を利用するタイプのクライアントウォレットです。スマートフォンやタブレットでアプリをダウンロードし、仮想通貨資産の保管や入出金を行えます。

Coinomiの特徴やメリット・デメリットをチェック

モバイルウォレットなので、どこにでも気軽に持ち歩ける利便性が大きなメリットです。
自分で秘密鍵を管理しますから、取引所内のウォレットより、ハッキングリスクも低いと言えるでしょう。

一方、モバイル端末の紛失や盗難により不安をかかえることもあるかもしれません。そうならないためにもバッグアップやモバイルや秘密鍵の管理を徹底しましょう。

また、取引所とは連携していないため、売買を行う場合は取引所に送金する必要があります。この点はウォレット利用のデメリットと言えるかもしれません。

多彩な通貨に対応

Coinomiはビットコインやイーサリアムをはじめ、幅広い通貨に対応しています。その数なんと70種類以上。Coinomiなら複数のウォレットを利用しなければならないといった煩わしさからも開放されるかもしれません。

Coinomiの設定方法は?

設定も非常に簡単になっています。
まずはご自身のスマホやタブレットにアプリをダウンロードしましょう。

Android版のインストールはこちら
iOS版インストールはこちら

開いたら新しいウォレットを作成するをタップします。
18個の英単語が出てくるので間違いのないよう順番通りにメモを取りましょう。

確認画面が出たら、メモしたキーコード通りに英単語を並び替えて認証します。認証が済んだらパスワードを設定しましょう。
最後にご自身が使いたい仮想通貨を選択すれば、一通りの設定が完了します。

Coinomiの使い方は?

送金や入金をしたい際にはホーム画面から送金または入金したい通貨を選択してください。
利用する通貨を選択したら、右にスライドすると送金画面、左にスライドすると入金画面となっています。

送金したい時は、送り先と送金金額を入力して送るを押すだけです。入金の場合は受取画面にあるアドレスかQRコードを読み込んで送金しましょう。
両替にはホーム画面の左上の三本線アイコンをタップし、両替したい2つの仮想通貨のペアを選択、支払う仮想通貨の量を入力して「次へ」を押せば両替ができます。

Coinomiは対応通貨が多く、人気のローカルウォレット

Coinomiはスマホやタブレットで使えるモバイルウォレットで、70種類以上の仮想通貨に対応しています。持ち歩きできて便利で安全性もある。Coinomiで仮想通貨の安全管理をはじめてみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP