BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ハードウェアウォレット「Keepkey(キープキー)」とは?設定方法や使い方を解説

仮想通貨はその保管方法がとても重要です。トレーダーの中には取引所を銀行のように信頼し、何も考えず預けっぱなしにしている人が散見されますが、実はこれは仮想通貨の管理方法として大きな間違い。取引所への資産の保管は、いつも危険と隣り合わせなのです。
そんな中、所有する仮想通貨をインターネットから切り離し安全に保管する手段としてハードウォレットが活用されています。ハードウォレットとはいったいどのようなものでしょうか?この記事ではハードウェアウォレットについて触れるとともに、著名なハードウェアウォレット、Keepkeyについて詳しく解説します。

ハードウェアウォレットとは?

仮想通貨を安全に保管するための物理的なデバイスがハードウェアウォレットです。取引所に置いたままでは盗まれるリスクがあるため、インターネットに繋がらない環境で安全に保管する手段として、必須とされてきています。
ハードウェアウォレットは仮想通貨そのものを入れておくものではなく、仮想通貨の管理に重要な暗号化された秘密鍵を入れておくものになります。

たとえハードウェアウォレットを開いても、本体を接続してPINコードを入力しなければ、中にはアクセスができないようになっています。
24の単語が秘密キーとなっていて、この秘密キー自体もさらに暗号化されています。

誰かと同じキーになることは絶対にありません。本人が秘密キーと公開キーをペアで保管することで、初めて仮想通貨がその人の管理下となるわけです。

ハードウェアウォレット「Keepkey(キープキー)」の概要

キープキーは有名なハードウェアウォレットで、スイスにあるShapeShift社が販売元となっています。画面が大きくて操作しやすく、現在のところ7種類の仮想通貨に対応しています。

ちなみに、仮想通貨のハードウェアウォレットはインターネットショップなどでも買うことはできますが、偽物を買ってしまう危険性もあります。
すでに改造されているものや悪意のあるソフトウェアが仕込まれているものも出回っているので、購入する際は公式サイトを選ぶようにしたいところです。

Keepkey(キープキー)の特徴とメリット・デメリット

キープキーの特徴は、USB接続で幅広いプラットフォームに対応し、初心者でも簡単に使える点です。また、デザインがカッコいいという声も少なくありません。

Keepkey(キープキー)のメリット

キープキーのメリットは、複数のアカウントの作成が可能な点です。

マイニングの受取専用、決済専用、保管専用など、用途別に口座管理も可能になりますので利便性が高いでしょう。ShapeShiftという世界最大の仮想通貨両替所と連携しているので、ハードウェアウォレットから直接通貨を交換することもできます。
ElectrumとMyceliumのウォレットと連携させることも可能で、残高確認や通貨の送金・受取なども可能です。

Keepkey(キープキー)のデメリット

デメリットと言えば、それなりの値段がする点ですが、これはハードウェアウォレット全般に言えることです。
公式サイトでの価格は約14,000円。他のウォレットと比べると、この数字は比較的リーズナブルな価格設定です。

Keepkey(キープキー)、対応通貨は?

2018年8月時点では、対応通貨はBitcoin(ビットコイン)、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)、Ethereum(イーサリアム)、Litecoin(ライトコイン)、Dogecoin(ドージコイン)、DASH(ダッシュ)、Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)の7種類です。そのほかにERC-20系のトークンにも対応しています。
今後増える可能性もありますので、公式サイトで確認しましょう。

Keepkey(キープキー)の設定方法は?

初期設定ではPINコード設定とリカバリーフレーズ設定が必要です。本体と付属品、Google Chromeのブラウザが使えるPCを用意しておきましょう。ちなみに全て英語ですのでご注意ください。

PINコード設定は、PCでウェブストアからKeepKey Client Appをダウンロードしてインストールし、本体をPCと接続してChromeを開きます。
アイコンをクリックすると初期化のメッセージが出るので、初期化ボタンをクリックし、Labelに識別の文字を入力します。
これは複数デバイスを所有した場合の識別なので、後からでも変更可能です。

PINの選択が表示されたら、1〜9桁の数字からなるPINを自分で自由に設定し、完了です。
次に、リカバリーフレーズですが、12個の単語が表示されるので付属のリカバリーシートに書き留めます。

以上で初期化は終了です。

Keepkey(キープキー)の使い方は?

デバイス本体とPCをケーブルで繋ぎ、アプリを起動します。最初はPCで操作しましょう。送る(Send)、受け取る(Receive)、トランザクション(Transaction)などシンプルなボタンが表示されるだけなので簡単です。

送金は、仮想通貨を選んでSend Bitcoin adresss(送金先アドレス)、Amount(送金したい額)を入力すればFee(手数料)も自動で表示されます。

内容が問題なければクリック。PINを入力してSendをクリックすると端末のディスプレイに内容が表示されるので、上部のボタンを長押しします。
端末にTRANSACTION(取引)と表示され、内容が表示されますので、再度送金内容を確認し、上部のボタンをもう一度長押しすると送金となります。

Keepkey(キープキー)は使い勝手の良いオシャレなハードウェアウォレット

キープキーは初心者でも使いやすく、設定もシンプル。人気の高いハードウェアウォレットです。仮想通貨を決済に利用するには少し手間ですが、管理のためならもはやハードウェアウォレットによるセキュリティは必須です。
初めてのハードウェアウォレットにキープキーを選んでみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP