BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」とは?設定方法や使い方を解説

皆さんは大切な資産である仮想通貨をどうやって保管していますか?
取引所に預けてあるから大丈夫と思っている方は危険です。ハッキングなどにより、取引所から仮想通貨が流出していまう恐れもあります。
そこで仮想通貨を安全に保管するために有効と言われているのがハードウェアウォレットです。今回は、その中でも人気の「Trezor(トレザー)」を紹介します。

仮想通貨を安全に保管するならハードウェアウォレット

仮想通貨を保管する方法としては取引所に預けておく方法や、ご自身でアプリを使ったりして、インターネットに接続されたウォレットなどを利用する方法など様々あります。
ですが、ネットと繋がった状態やクラウド上のサービスはネットに繋がればIDとパスワードなどを通じて気軽にどこからでもアクセスができるメリットがある反面、常にハッキングなどのリスクにさらされてます。
ハッキングによる流出を避けるためには、ネットから遮断したオフラインでのハードウェアウォレットが安心なのです。

人気のハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」とは

ハードウェアウォレットの中でも、Trezorは世界100ヶ国以上で標準的に使用されているという実績があります。
本体がはとてもコンパクトで、多彩な通貨に対応。電源が不要で、PCにUSB接続すれば、すぐにブラウザからウォレットを利用することができる便利なアイテムです。

仮想通貨を管理するための秘密鍵はデバイス内に安全に保存され、外部流出の心配もありません。
仮にPCで入力される情報をウイルスやマルウェア、キーロガーなどハッキングの手口で読み取られたとしても、物理的にデバイスと暗証番号が揃わない限り送金できない仕様も安心できます。

ハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」のメリット・デメリット

Trezorは安全性が高い上、他のハードウェアウォレットに比べて対応通貨も豊富なのが魅力です。
また、WindowsやMac、Linux、Androidなど多くのOSに対応しています。
ハードウェアウォレットの場合、機器自体が壊れてしまうと所有していた通貨すべてを失うことになりますが、Trezorならリカバリー設定が可能なので安心です。
デメリットとしては、価格が15,800円と少々高いという点です。しかし、保有する通貨がハッキングで盗まれてしまうリスクを考えれば安いものかもしれません。

ハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」の対応通貨をチェック!

Trezorは14種類もの通貨とすべてのERC-20トークンに対応しています。
対応している通貨は以下の通りです。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
・ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)
・ビットコインテストネット(Bitcoin Testnet)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)
ライトコイン(LiteCoin/LTC)
ネム(NEM/XEM)
ダッシュ(DASH)
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)
ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
・Expanse(EXP)
・UBIQ(UBQ)
・Namecoin(NMC)

ハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」の設定方法と使い方

設定はGoogleChromeのブラウザを使って行います。
Trezor公認日本語ガイドも用意されているほか、正規代理店で購入するとSNSを使ってフォローしてくれるので設定もスムーズです。

どうやって使うの?

①付属のUSBケーブルを使ってPCと繋ぎます。
②接続したら、公式サイトからソフトウェアをインストールしましょう。
③続いてファームウェアをインストールします。このインストールが終わると、本体に「You may now unplug your TREZOR」と表示されるので、一度PCから外して再接続してください。
④パソコン画面に表示された「Create new」をクリックすれば、新規ウォレットの作成となります。

あとは、本体にある2つのボタンを使うだけで、簡単に仮想通貨の保管や使用が可能。無償で提供されるTREZOR Password Managerを使用すればパスワード管理デバイスとしても使用でき、マスターパスワードを設定せずにSNSやオンラインバンキングなどあらゆるサービスのパスワードを暗号化して保存できます。

仮想通貨を守ってくれる人気のハードウェアウォレットまとめ

ハッキングが心配されるこのご時勢、大切な資産を取引所に置きっぱなしにしておくことはおすすめしません。仮想通貨を安全に保管する方法はハードウェアウォレットを利用することです。
Trezorはコンパクトサイズで多彩な仮想通貨に対応、操作性も分かりやすく、多くのユーザーから選ばれています。是非この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Asuka

Asuka

BITDAYSディレクター。 2017年秋より仮想通貨界に参入。毎日の情報収集は欠かしません。主に海外からのニュースを担当しています。 趣味は映画鑑賞。無類のネコ好きです。
PAGE TOP