BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ペーパーウォレット作成のサービス「bitaddress.org」とは?設定方法や使い方を解説

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

仮想通貨はさまざまな場所で便利に利用できますが、管理には注意が必要です。ネットにつながった場所では常にハッキングによる仮想通貨流出のリスクがつきまとってしまうのです。そのため、ほんとうの意味でリスク管理をするためには、ネットにつながっていない場所で保管する必要があります。しかし、精通していない人にとってはウォレットの世界はなにかとわかりにくいもの。いったいどのウォレットを選べばいいのでしょうか?
ハッキングのリスクを避けるためにはネットと遮断されたコールドウォレットを使いましょう。今回はそんなコールドウォレットの中でもbitaddress.orgについて、その使い方などを紹介します。

ペーパーウォレットを使うメリットとは

コールドウォレットには大きく2つのタイプがあります。1つは管理用のデバイスを用いたハードウェアウォレット、そしてもう1つは紙に仮想通貨のアドレスを書き出して物理的に保管するペーパーウォレットです。

ハードウェアウォレットは安全性や機能性は高いものの、デバイスを選んで購入する手間や費用がかかります。
デバイスの安全性や信頼性などをリサーチするのも大変ですし、購入費用もかかるので低コストで気軽にコールドウォレットを始めたい方にはあまりおすすめできません。その点、ペーパーウォレットであれば、コストはほとんどかかりません。もちろん、ソフトウェアウォレットに比べてセキュリティ性も抜群。そのような点においてペーパーウォレットにはメリットがあります。

「bitaddress.org」はどんなサービス?

bitaddress.orgはダウンロードして使える手軽なウォレットサービスで、デスクトップ上でウォレットを作成し、秘密鍵を管理するタイプのウォレットです。そして、もう1つ便利な機能として、ペーパーウォレットをワンクリックという簡単な方法で作成でき、また印刷できるという便利な機能が付いています。

bitaddress.orgのメリットやデメリットを確認しておこう

紙によるウォレットを利用する上で、もし手書きで仮想通貨のアドレスを書き出すとなれば大変な作業です。文字列も多く複雑なので書き間違えのリスクは否めません。ですが、bitaddress.orgを使えば、すぐに正確な内容を取り込むことができ、印刷機能で簡単にプリントアウトもできるのがメリットです。

一方、サービス上では秘密鍵を記録しないので、全て自己管理となります。
取引所などと異なり、他者が管理することによるリスクがない代わりに、秘密鍵を忘れたり、誰かに知られてしまったり、プリントアウトした紙を盗まれるリスクがありますから、慎重に管理しなければならない点はデメリットかもしれません。

bitaddress.org、対応している通貨をチェック

bitaddress.orgという名称ですので、基本的にビットコインの保管や管理、入出金ができるサービスです。

bitaddress.org、設定方法は?

設定方法はやや難しめ。ビットコインのアドレス生成や、出金時に必要な秘密鍵を作成するオープンソースのソフトウェアをまずGitHubからダウンロードしましょう。ダウンロードしたファイルを解凍したら、bitaddress.org.htmlをクリックしてください。アドレスの生成が始まるので、進捗が100%になるまで待ちます。アドレスの生成が完了すると2つのQRコードが表示されますので印刷して大切に保管しておきましょう。

bitaddress.orgの使い方

bitaddress.orgのサイト内にあるペーパーウォレットのボタンを押せば、すぐに作成ができ、印刷ボタンから簡単にプリントアウトもできます。ウォレットにビットコインを入金・出金する際には使っているウォレットを起動して、設定時に生成されたQRコードを読み込みましょう。ちなみに「SHARE」のQRコードはビットコインのアドレスで、入金時に必要となります。「SECRET」のQRコードは秘密鍵であり、出金時に必要になりますので、失くさないように大切に保管しましょう。

ハッキングリスクを遮断するならbitaddress.orgを使おう

ハッキングリスクを避けるためにはコールドウォレットが有効です。しかし、ハードウェアウォレットは購入コストや信頼性のリサーチが必要となるので、なにかとハードルが高いもの。その点、低コストで始められるのがペーパーウォレットです。どのようにペーパーウォレットを始めればいいか迷っているという人は、bitaddress.orgを使ってみてはいかがでしょうか?手軽に秘密鍵を紙で管理することが可能です。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP