BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ウォレットとは?仕組みや種類、使い方、おすすめのウォレットアプリを紹介。

2018年1月に起きたNEMの巨額流出事件。この事件をきっかけにして仮想通貨界隈で「ウォレット」が注目を集めることになりました。あなたは「ウォレット」についてどれくらいのことを知っていますか?
今回は仮想通貨の「ウォレット」について、「ウォレット」とは何なのか、仕組みや種類、使い方、BITDAYS編集部おすすめのウォレットアプリに至るまで、徹底解説します。

仮想通貨の重要ワード。「ウォレット」とは?

ウォレットとは、直訳すると仮想通貨の財布のこと。そこから転じて広い意味では仮想通貨の保管場所のことを指します。

あなたはどこに仮想通貨を保管していますか?ウォレットなど特別な保管場所を使わず、取引所に預けっぱなしになっている人も少なからずいると思います。仮想通貨の保管場所については、ハッカーの目に付きやすい場所ほど攻撃されるリスクが高まります。先述のNEMの流出事件では、保管場所としてもっとも目に付きやすい「取引所」が攻撃の対象となり、結果的に非常に多くのNEMが流出してしまう結果となりました。

このように保管場所がハッカーの目に付き攻撃されてしまうリスクを可能な限り避けるためにウォレットは存在します。個人的な場所で保管することによって、より安全に仮想通貨を管理する。そのためにウォレットはあるのです。

仮想通貨、ウォレットの仕組みは?

前の項ではわかりやすく説明するために、ウォレットは仮想通貨の保管場所と説明しました。しかし、実際にはウォレットに仮想通貨自体が保管されているわけではありません。

ウォレットでは保有している仮想通貨のやりとりに必要な秘密鍵を管理しています。この秘密鍵とは、通貨の所有権を証明する唯一のもので、金庫の鍵やクレジットカードのサインのように人に知られるとあなたの保有する通貨は自由にやりとりされてしまいます。

ウォレットではこの秘密鍵を管理することで、あなたの保有している仮想通貨を管理しています。

仮想通貨、ウォレットの種類は?全部で3種類

ウォレットには大別して3種類があります。

ウェブウォレット
ソフトウェアウォレット
ハードウォレット(ハードウェアウォレット)

以下でそれぞれのウォレットについて解説します。

ウェブウォレット

ウェブウォレットはウェブ上のサービスに仮想通貨を保管するタイプのウォレットです。わかりやすい例を挙げると、仮想通貨取引所がこのパターン。

自分でなにかを用意するわけではなく既存のウェブサービスを利用するため、パソコンやスマホといった所有のデバイスを紛失・破損してしまっても利用できることが大きなメリットです。ウォレットからの入出金や送金に関して、比較的スムーズに行えるのも大きな特徴。ネットを通じて自分のアカウントにアクセスできれば、どこからでもウォレットを利用することができるので、利便性においてウェブウォレットの右に出るものはありません。

一方で、セキュリティには難あり。自分がどこからでもアクセスできるということは、言い換えれば常に誰でもがアクセスできる状況にあるということです。冒頭でお話したNEMの流出事件でもわかるとおり、ハッキングの被害にあいやすいウォレットがこのタイプと言えるでしょう。

誰でも気軽に利用しやすい反面、大事なセキュリティについては不安も大きく、片手落ちなウォレットタイプと言えるかもしれません。

主な例

・取引所
Blockchainウォレット
coinbaseウォレット

 

ソフトウェアウォレット

所有するデバイスにソフトウェアをインストールすることで利用できるウォレットです。細かく見ていくと、パソコン用のデスクトップウォレットと、モバイル端末用のモバイルウォレットにさらに分類されます。

インストールした自身のデバイスでアクセスする必要がある分、ウェブウォレットに多少劣りますが、それでも十分な利便性があります。
セキュリティについては、自分のデバイスで個人的に管理するということもあり、ハッキングされるリスクは低いでしょう。

利便性とセキュリティ面のバランスがいいウォレットなので、ユーザーが多いウォレットです。利用する場合はデバイスの紛失や故障といった不測の事態に備えて、あらかじめ復元方法を確認しておきましょう。

主な例

MyEtherWallet(マイ・イーサ・ウォレット)
Yenom(エノム)とびきりやさしいビットコイン・ウォレット
tokenPocket(トークンポケット)
Ginco(ギンコ)
Bitpie(ビットパイ)

※これらのウォレットについては、後述のBITDAYS編集部がおすすめするウォレットでも解説しています。気になるウォレットをタップすると、該当の箇所へジャンプします。

 

ハードウォレット(ハードウェアウォレット)

ハードウォレットは物理的に独立したデバイスによって通貨を管理するタイプのウォレットです。USBメモリ型のものや、スマートウォッチ型のものなどがあります。Ledger Nano S(レジャー・ナノ・エス)やTrezor(トレザー)、BITHD(ビットシールド)などが有名。

インターネットやアプリを介してではなく、物理的に独立したデバイスに保管するので、利便性では劣りますが、セキュリティに関しては、前の2つと比べても圧倒的。ネットと切り離して保管することが多いので、ハッキングの心配はまずありません
また、ウェブウォレット、ソフトウェアウォレットの対応通貨が限定的になりがちである一方で、ハードウォレットではさまざまな通貨を管理できることが多いのも特徴。保有する通貨の種類が多い人ほど、ハードウォレット向きと言えるかもしれません。

デメリットには、デバイス自体に購入費用(2万円前後が実勢)がかかってしまうこと、ハードウェアであるがゆえ、紛失・破損した場合に新たなデバイスを用意するしか方法がないこと、などが挙げられます。

主な例

Ledger Nano S(レジャー・ナノ・エス)
Trezor(トレザー)
・BITHD(ビットシールド)

※この他にペーパーウォレットと呼ばれるものがあり、これは通貨を管理するためのデータを紙に印刷し保管するというタイプのウォレットです。保管方法や特徴がハードウォレットに似ており、費用は紙代のみ。一方で、印刷した紙がデータのすべてとなるので、復元性に乏しいウォレットです。今回は「その他」として、ここで紹介させていただきます。

仮想通貨ウォレットの種類、番外編。よく聞くコールドウォレットとは?

ウォレットの話をするとき、「コールドウォレット」という言葉を聞いたことがありませんか?「ウォレットには大別して3種類と言ったのに、よく聞くコールドウォレットが含まれてないじゃん!」そう思った人もいるかもしれません。
コールドウォレットとは、上記のウェブウォレット・ソフトウェアウォレット・ハードウォレットとはまた違った分類で、インターネットから切り離されたウォレットのことを指します。インターネットから切り離して通貨を保管するコールドウォレットにはいったいどんなメリットがあるのでしょうか?

ウォレットはインターネットに繋がっている以上、常にハッキングなどの攻撃のリスクと隣り合わせにある、と言えます。通貨を保管している身からすると、そのような状況ではとても安心できないですよね?その不安から生まれたのがコールドウォレットです。

コールドウォレットは先述のようにインターネットから切り離して保管するタイプのウォレットなので、サイバー攻撃の不安が一切ありません。保管方法としてはもっとも安全と言われている方法で、上記3種類のウォレット(ウェブウォレット・ソフトウェアウォレット・ハードウォレット)の中では、ハードウォレットがコールドウォレットに分類されます。

2018年1月に起こったNEMの流出事件でも、被害にあったのはインターネットにつながった環境(ホットウォレット)に保管されていた通貨でした。そのため、事件以降、コールドウォレットへの注目度は、以前より格段に増しています。

BITDAYSおすすめの仮想通貨ウォレットアプリ

この項ではウォレットアプリを選びかねている人へ向けて、BITDAYS編集部のおすすめウォレットアプリを紹介します。

MyEtherWallet(マイ・イーサ・ウォレット)

まずはこちら、MyEtherWallet(マイ・イーサ・ウォレット)です。
このウォレットは名前からもわかるとおり、イーサリアムやイーサリアム系トークンを対象としたソフトウェアウォレット。同じくイーサリアム系のソフトウェアウォレットであるMetaMask(メタマスク)や、Ledger Nano S(レジャー・ナノ・エス)・Trezor(トレザー)といったハードウォレットと連携が可能で、イーサリアム系のウォレットでは1,2を争う知名度を誇ります。

もちろん利便性やセキュリティについても問題なし。日本語対応しているというのもおすすめなポイントです。

2018年夏にはスマホ用のアプリもリリースされる予定です。MyEtherWalletと合わせてこちらからも目が離せません。

 

MyEtherWallet(マイ・イーサ・ウォレット)公式サイトはこちら

 

Yenom(エノム)とびきりやさしいビットコイン・ウォレット

Yenom(エノム)は世界でも珍しいビットコインキャッシュ専用のウォレットアプリ。アプリ名の「Yenom」は「money」を逆さにするところから名付けられました。

特徴はとにかくシンプルで、使いやすいこと。「とびきりやさしいビットコインウォレット」というキャッチコピーからもわかるとおり、初心者にも易しいウォレットアプリとなっています。

Yenom(エノム)は登録不要。スマホにインストールするだけで、すぐに使うことができます。ビットコインキャッシュ用のウォレットを探しているなら、非常におすすめのウォレットアプリです。

 

Yenom(エノム)公式サイトはこちら
Yenom(エノム)の特徴や使い方

 

tokenPocket(トークンポケット)

イーサリアムをはじめ、8,000種類以上のトークンに対応しているのが、このtokenPocket(トークンポケット)。このアプリの特徴はDappsのブラウザ機能が内蔵されていること。今やイーサリアムとは切っても切り離せないDappsにも重点を置いたウォレットアプリです。

セキュリティ面ではオフラインでウォレットの作成が可能など、安全性にも配慮された作りになっています。Dappsに興味がある、またはプレイしているという人にはこのtokenPocket(トークンポケット)がおすすめです。
(※Dappsについてはこちらの記事をご覧ください。

 

tokenPocket(トークンポケット)公式サイトはこちら
tokenPocket(トークンポケット)の特徴や使い方

 

Ginco(ギンコ)

「イーサリアムやビットコインキャッシュだけじゃなくて、もっと幅広い通貨をウォレットで管理したい!」そんな人にはこのウォレットアプリがおすすめ。Ginco(ギンコ)は仮想通貨の銀行を目指すというコンセプトのもと開発されたアプリで、2018年4月24日にリリースされました。

5月現在の対応通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、オーガーなど13種類ですが、今後はライトコインやモナコインなども追加される予定。
多数の通貨を保有している人には、Ginco(ギンコ)がおすすめです。

 

Ginco(ギンコ)公式サイトはこちら
Ginco(ギンコ)の特徴や使い方

 

今やウォレットは仮想通貨の必須ツール!

以上、ウォレットとは何なのか、仕組みや種類、使い方、BITDAYS編集部おすすめのウォレットアプリを紹介しました。
仮想通貨管理にとって、ウォレットは転ばぬ先の杖です。不測の事態で後悔する前に、ウォレットを導入して安心・安全に仮想通貨管理をしましょう。もしどのウォレットを使えばいいか悩んだら、この記事を参考にしていただければ幸いです。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
結木千尋
ユウキチヒロ。フリーランスの文章書き。 2017年10月に仮想通貨と出会い、勉強を始める。関心は仮想通貨・ブロックチェーンに関連したサービスなど。投資はほとんどおこなわない。 これまでにBITDAYSを含め、複数の仮想通貨メディアに記事を寄稿。BITDAYSではインタビュー取材や、企画への出演といった経歴も持つ。
PAGE TOP