PayPay(ペイペイ)加盟店への入金のタイミングは?

簡単な導入と決済が魅力の「PayPay」は、今多くの店舗で支払い手段のひとつとして採用されています。
その使い心地の良さは今後もユーザー数を増やし、実店舗でのポピュラーな決済方法になると期待できるでしょう。
しかしPayPayを導入するお店にとってはいくつかの心配事もあり、なかでも「入金のタイミング」は気になるところとなっています。
売上が入金されるまでにどれくらいの時間がかかるのか、入金手数料はいくら必要なのか。
そういった疑問についてチェックしていきますので、PayPayを導入予定の方はこちらを参考に入金に関する心配事を解決していきましょう。

話題のスマホ決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」とは?特徴やメリット、使い方を紹介!

PayPay(ペイペイ)ユーザー急増!

PayPayは大型の還元キャンペーンやCM等の露出によって、一躍電子マネーの有名所となった決済アプリです。
スマホだけですぐにお店の買い物を済ませられるのが特徴で、面倒な支払い作業が簡略化されます。
特別な手続きはほとんど必要なく、専用アプリを入手すれば誰でもPayPayによる電子決済を体験することが可能です。
気軽に使える、インストールは簡単、お得なキャンペーンも多い、そんなメリットだらけのPayPayがユーザー数を増やしているのは、当然のことだといえるでしょう。

近年電子マネー業界にはたくさんの企業が参入し、色々な種類のアプリが誕生しています。
そんな飽和状態のなかでもPayPayは独自のキャンペーンとユーザーへのアピールによって、頭ひとつ抜けた存在として認知されているのです。
加盟店の多さがその証拠で、2019年4月の段階で約200種類以上の企業がPayPayでの支払いを導入しています。
PayPayひとつで気軽に買い物ができる地盤が整い始めていることから、今後もユーザー数の増加は加速していくと考えられるでしょう。
店舗を経営する側としてもPayPayのメリットを把握して、早めの導入を検討すべき時期に来ているといえます。
PayPayでの決済を利用することによって店舗側にどのようなメリットがあるのか、まずはその点をチェックしていきましょう。

PayPay(ペイペイ)加盟店のメリットは?

PayPayの加盟店になることで、店舗にはいくつものメリットがあります。
これからもっと売上を伸ばしたいお店のオーナーや、電子マネーによる新規層の獲得を考えている店長は、この機にPayPayを導入することによって得られるメリットを知っておくことがおすすめです。

集客効果が高まる

ユーザーにとってPayPayは、とても便利な決済サービスとなっています。
しかしPayPayを使うには利用するお店側もPayPayを導入している必要があるため、どこでも使えるというわけではないのです。
そのためPayPayユーザーの多くは、「PayPayが使えるお店」を常に探している状態となっています。
PayPayを導入すれば「普段は行かないお店だけれど、PayPayで支払えるのなら行ってみよう」という、PayPayをきっかけとした集客効果が得られることでしょう。
基本的にはチラシやWEB広告などの費用をかけなければ、集客効果を高めるのは難しいです。
しかし今はPayPayの加盟店として登録するだけで、PayPayのアプリからマップ機能でお店を検索してもらうことができます。
簡単に自分のお店を知ってもらえるので、集客率のアップを考えているのならPayPayの導入はぜひ検討すべきでしょう。

初期費用0円

PayPayは初期費用にかかるお金が0円となっているので、気軽に導入に踏み切れるというメリットもあります。
「初期導入費」「決済手数料」「入金手数料」という3つの項目すべてが無料という利点は、PayPayの採用を後押ししてくれるでしょう。
初期費用や継続利用にお金がかかる電子マネーの導入は、その費用の回収まで計算しなければならないため、どうしても慎重にならざるを得ません。
その点PayPayは無料というわかりやすいメリットを提示してくれているので、お試しで導入することも可能でしょう。
ただしこれらの無料キャンペーンは期間限定であり、今だけの特典となっています。(決済手数料は2021年9月30日まで)
また利用者がお店のQRコードを読み取るユーザースキャン方式での利用のみが対象となっているので、スマホに表示したバーコードをレジが読み取るストアスキャン方式を使う場合は別となるので注意しましょう。

お金の管理がしやすい

PayPayは電子マネーによるキャッシュレス決済となるため、会計時に現金は一切必要ありません。
そのためお店側としてもお金の管理がしやすくなり、スムーズにレジ作業を終えられるメリットがあるのです。
レジ作業に使っていた時間をもっと別のことに割けるようになれば、新しい事業や満足度の高い仕事をすることも可能となります。
PayPayを導入することは売上を伸ばすだけでなく、店舗全体の環境を改善するきっかけにさえなり得るのです。

PayPay(ペイペイ)の入金サイクル

PayPayの決済によって売り上げた利益は、入金の申請をすることによって回収できます。
締日は月末と累計決済金額が1万円以上になったときに入金申請を行うことが可能です。
入金のタイミングはジャパンネット銀行の場合は「翌日」に、それ以外の銀行の場合は最短で「翌々営業日」となります。
なるべく早く売上を入金したいときには、ジャパンネット銀行の利用がおすすめです。
電子マネーは現金とは違いその場でお金を手にすることができないので、入金時に発生する時間は考慮しておく必要があります。
店舗の経営に必要な支払いに間に合うように、入金サイクルを把握して余裕を持った申請を実行していきましょう。

ジャパンネット銀行なら手数料は永年無料

PayPayの入金手数料は基本的に0円となっていますが、ジャパンネット銀行以外の利用の場合は2019年9月30日までが無料期間として定められています。
2019年10月1日以降は有料となる可能性があるので、事前に了承しておきましょう。
しかし売上の受取先がジャパンネット銀行であれば、入金手数料は永年で無料となります。
今後も手数料が負担にはならないので、入金回数が増えるようであればジャパンネット銀行でPayPayの売上金を受け取るのがおすすめです。

PayPay(ペイペイ)加盟店になるまでの流れ

PayPayに興味を持てたのなら、実際に加盟店となるまでの流れも確認しておきましょう。
手順は非常に簡単で、まずはPayPayの公式サイトから「店舗様へ」のページを開きます。
ページ内にはPayPayについての詳しい解説と、「オンラインでお申込」のボタンが見つけられるでしょう。
ボタンをクリックすると申し込みのための情報入力画面に移行するので、必要なデータを打ち込んで送信します。
これだけでPayPayを利用するための準備は、ほとんど終了したことになるのです。
インターネットではなく電話経由でも申し込みは行えるので、直接連絡を取りたい場合は「0120-957-640」にコールしてみてください。

入金手数料無料で安心!PayPay(ペイペイ)加盟店になろう

PayPayへの加盟はたくさんのメリットがあるので、ぜひこの機に店舗への導入がおすすめされます。
無料キャンペーンが行われている今のうちが、最適なタイミングとなるでしょう。
電子マネーを使ったことがない店舗からすると、売上はどのタイミングで支払われるのか、手数料はかかるのかといった疑問はどうしても気になります。
PayPayはその点を理解して、入金サイクルを明確に提示してくれているのです。
初めてでも安心してPayPayを導入できるよう取り計らってくれているので、信頼した上で加盟店に参加することができるでしょう。
PayPayによって決済手段を変えていけば、お店の将来を明るいものとすることも可能です。

ayaya

ayaya

BD編集部のニュースを担当。ファッションレンタル無料体験利用中。日々キャッシュレス決済のお得情報を集めています。