PayPay(ペイペイ)、サービス開始から約10カ月で登録ユーザー数1,000万人に 加盟店は100万突破

スマホ決済サービスのPayPay(ペイペイ)が8月7日(水)、登録ユーザー数が1,000万人に到達しました。

【PR】PayPay、銀行口座登録でもれなく1,000円相当のPayPay残高をプレゼント

急速に拡大するPayPayのユーザー数・加盟店

2018年10月よりサービスを開始したPayPayは「100億円キャンペーン」など各種キャンペーンの開催で多くの注目を集めたほか、国や地方自治体、他社サービスが行うキャンペーンや啓発活動の相乗効果もあり、登録ユーザー数1,000万人に到達することができました。
また送金機能の利用やAlipay(アリペイ)による支払いをのぞいた累計決済回数は1億回に達しており、PayPayの日常利用が習慣的になりつつあることがうかがえます。

加盟店も増加傾向にあり、本日8月8日(木)時点で100万カ所を突破しました。都市部や大型のフランチャイズチェーンだけでなく地方や現金のみ対応していた小規模の商店にも、急速にPayPayの導入が拡大してきています。

PayPay(ペイペイ)について詳しくはこちら

PayPayの店舗導入はこちら
 

店舗負担0円から始められるPayPay
最短1週間でご利用開始

おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

この記事に関連するタグ

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。