PayPay(ペイペイ)

キャッシュレス決済でPayPay(ペイペイ)が選ばれる5つの理由

最近ではいろんな決済サービスが出ていますが、中でもスマホ決済アプリのPayPayはおすすめです。
今回は何かと話題になるPayPayの特徴やおすすめな理由について紹介します。

PayPayはソフトバンクとヤフーが設立したPayPay株式会社が運営するスマホ決済サービスです。アプリをインストールするだけでQR・バーコード決済ができるほか、個人間の送金も簡単にできます。「100億円あげちゃうキャンペーン」で一躍話題になり、スマホ決済ブームの火付け役となりました。

【動画】キャッシュレス決済でPayPayが選ばれる5つの理由

話題のスマホ決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」とは?特徴やメリット、使い方を紹介!

PayPayの詳細をみる

店舗様必見

PayPay加盟店お申し込みはこちら

PayPay(ペイペイ)はポイント還元率が高い


PayPayは通常の還元率が0.5%で、200円ごとに1円分のポイントが戻ってきます。
しかし、支払い方法を「PayPay残高」「ヤフーカード」のいずれかにすることで、還元率はいつでも1.5%に。PayPayで支払うだけで、現金よりも1.5%分お得になるのは大きな魅力です。

最短1分で始められる


PayPayの登録方法はとても簡単で最短1分で使い始めることができます。

まずアプリをダウンロードした後、電話番号とパスワードを設定するか、Yahoo! JAPAN IDでログインすればすぐに利用可能。

銀行口座やクレジットカード、Yahooマネーからチャージする場合は事前の設定が必要ですが、こちらも簡単に行うことができます。
面倒な登録や申し込みをする必要がないので、これからキャッシュレスデビューをする方にもおすすめです。

PayPay(ペイペイ)はチャージ方法が選べる


PayPay残高にチャージする際には5つの方法から選択することができます。

「ヤフーカード」や「銀行口座」だけでなく、セブン銀行ATMから現金でチャージできたり、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金をチャージ、またソフトバンク・ワイモバイルユーザーは月額料金と合算してまとめて支払うこともできます。
支払い方法が選べると、自分のライフスタイルやよく利用するサービスに合わせて自由度が高くなるため、より使いやすいサービスと言えます。

PayPay(ペイペイ)は使えるお店が多い


街を歩いていると「PayPay使えます」のステッカーが貼ってあるお店をよく見かけます。

PayPayはコンビニや飲食店、家電量販店などの大手の店舗だけでなく個人経営のお店まで、幅広く利用できるのが魅力です。近くで使えるお店はPayPayのアプリから簡単に探せるほか、ジャンルを絞って検索することもできますよ。

2020年2月時点でPayPayの加盟店は194万カ所以上にも上り、ユーザー数は2,500万人を突破。
加盟店舗数の多さがユーザーの人気につながることがわかります。

PayPay(ペイペイ)は随時お得なキャンペーンを実施


スマホ決済を使うなら、使いやすいだけでなくよりお得になるサービスを選びたいものです。

PayPayはポイント還元やPayPayボーナスが当たるキャンペーンが随時行われています。
中には最大20%還元や割引になるキャンペーンなどもあるため、こまめに情報をチェックしておくと良いでしょう。
開催中または開催予定のキャンペーン情報は、アプリの「おトク」アイコンからすぐに確認できます。

人気のPayPay(ペイペイ)でお得にスマホ決済を始めよう!

これからスマホ決済を始めようと考えている人、お得な決済アプリを探している人はPayPayがおすすめです。
ソフトバンクやYモバイルユーザーでなくても、たくさんのメリットがありますよ。

PayPayは無料でダウンロードできるため、まずはダウンロード・登録をしてみてはいかがでしょうか。

PayPayの詳細をみる

店舗様必見

PayPay加盟店お申し込みはこちら

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BDディレクター。2017年12月に仮想通貨取引を開始。最近はいろんなポイント集めにはまったり、キャッシュレス化するべくお財布のダイエット(不要なカードを減らす大作戦)に挑戦したりしています。

- かねこ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。