PayPay(ペイペイ)

PayPay、東京都税の支払いに対応へ 自動車税は6月1日限定

スマホ決済サービスPayPayの「PayPay請求書払い」において6月1日(月)より、東京都が発行する税金の請求書に対応します。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

税金の支払いで最大1.5%還元

「PayPay請求書払い」は、公共料金や通販の請求書に記載されたバーコードをPayPayのアプリで読み取ってその場で支払えるサービスです。
支払いのたびにPayPayボーナスが貯まり、支払額の最大1.5%が還元されます。

今回、「PayPay請求書払い」が東京都が発行する固定資産税・都市計画税(23区内)、固定資産税(償却資産)(23区内)、不動産取得税、個人事業税、自動車税種別割の納付書に対応することが発表されました。
これにより、東京都の各税金をPayPayで支払えるようになります。

なお、自動車税種別割の納期限は毎年5月31日ですが、2020年は日曜日にあたるため、納期限が6月1日(月)となります。
そのため、PayPayによる自動車税種別割の納付は6月1日(月)のみ可能です。

PayPayの詳細をみる

店舗様必見

PayPay加盟店お申し込みはこちら

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。