PayPay、アプリ上で東京都水道局の料金支払いが可能に。3月24日より

PayPay、アプリ上で東京都水道局の料金支払いが可能に。3月24日より

スマホ決済サービスのPayPayが、東京都水道局の「キャッシュレス決済サービスを活用した代理納付事業者」に選出され、これに伴い2021年3月24日(水)より「オンライン請求書」サービスの提供を開始することが発表された。

特許出願中「オンライン請求書」を初導入

PayPay「オンライン請求書」

©PayPay

「オンライン請求書」サービスの開始により、PayPayのアプリ上で東京都水道局が請求する上下水道料金の確認と支払いが可能に。

「PayPay請求書払い」の支払い完了画面などから事前設定を行うことで、請求料金の通知が自動的にPayPayへ届く仕組みとなっている。

これにより、ユーザーはいつでも都合の良い時に上下水道料金の確認・支払いができるため、払い忘れの防止につながるとみられている。

なお、請求料金の通知が自動的にPayPayへ届き、ユーザーがその通知から請求料金の確認と支払いができる「オンライン請求書」のシステムは、現在特許出願中とのこと。
コード決済サービスのアプリ上で本サービスを提供するのはPayPayが初となる。

PayPay証券はスマホから少額で株が買える!


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
PayPay、アプリ上で東京都水道局の料金支払いが可能に。3月24日より
最新情報をチェックしよう!
WRITER